あなたの会社の集客を、
根本からスイッチしませんか?


今の集客方法で満足していますか?いろいろな集客を試して満足した結果を得られていますか?
もしからたら御社の集客方法を抜本的に見直す必要があるかもしれません。
集客スイッチは小手先の方法だけではなく、経営戦略から一気通貫で集客をデザインし、競合優位性を築くことを目的にしています。

お問い合わせ


あなたはこんなことで悩んでいませんか?

  • 広告費が高騰してきている
  • いい人材がなかなかいない
  • 他社との差別化ができない
  • 競争が激しく消耗している

はじめまして。愛知県名古屋市で不動産会社を営んでおります、スタイルイノベーションの宮田と申します。冒頭の悩みというのは、かつての私の悩みでした。

今の不動産業界では、業者の数がコンビニの数よりも多いと言われ、さらに大手資本や他業種からの参入が増え、競争も非常に激しく、さながら血で血を洗うレッドオーシャンの様相を呈しています。

不動産の集客は主にSUUMOやアットホームなどのポータルサイトに物件情報を掲載して行っています。

ポータルサイトを活用した集客は初期投資が必要でない分、多くの競合が参入してきていて、一昔前はそれなりにやれていたのが、競争が激しく、資本力のない中小零細企業の多くはかなり苦しい状況です。

不動産業界で仲介をメインにしていれば、だいたい以下のような業務の流れになります。

ポータルサイトに物件を借りて掲載するには、事務員がいる

ポータルサイトに物件を載せると電話反響もあるので営業が複数名必要

反響はくるものの、メールだけで電話がつながらない客も多く、物件紹介など追客に時間がかかる

何とかアポに漕ぎつけても、タイミングが悪く他社で成約ということもチラホラ。

しかも営業によって成約率もバラバラ。

人件費や広告費、事務所運営費などを賄うために、さらに売り上げが必要になるので、さらにポータルサイトの枠数(広告費)を増やす。

そんな負のスパイラルにハマっていました。この時期はかなりのストレスでした。業界は違えど、あなたも似たようなことで悩んでいませんか?

 

消費者の行動パターンが変わった

一昔前は、とにかく広告を出して認知を増やせばそれなりに売上があがっていたのですが、ここ最近は少し状況が変わってきました。

昨今のインターネットの普及、発達により、消費者は様々な情報にアクセスできるようになりました。

その結果、事前の情報収集に時間を充てる消費者が増えてきました。

(図:昔と今の行動モデルの比較)

今の消費者はとにかくインターネットで情報を収集するので、それに合わせた集客を考えなけばいけないのです。

 

ホームページから自動集客

感度の高い方であれば、HPのSEO対策やブログなどに注力して集客につなげていたかもしれません。

弊社もその1社で、HPやブログに注力することによって、ポータルサイトに頼らずに独自に集客ができるようになりました。

以下は弊社のHPのSEO対策の結果です。(外注は使わず全て内製化しています)
※2020年1月時点での結果です

これらはほんの一部(一桁の順位は50キーワードはあります)ですが、ポータルサイトやリスティング広告にかけていた毎月約100万円の広告費をほとんどかけなくても成約がとれるようになりました。※現在も広告は出していますが、はるかに安い費用で成約に結びついています。

今ではほとんど手を加えていませんが、文字通り自動集客に結びついています。一度資産化してしまえば、継続的に無料で集客をしてくれるツールになります。

 

メリットばかりでない、HPのデメリット

弊社でもそれなりの結果を出せているホームページですが、良いことばかりではありません。ここからはそのデメリットについてお伝えします。

ここには、他のHP集客を売りにしている業者が言いたくない不都合な事実が多分に含まれていますので、ぜひしっかり読むことをお勧めします。

時間がかかる

ホームページの検索エンジン対策は昔からされているので、ライバルも多く、それなりに集客を生み出すアセット(資産)化するまでには、かなり時間がかかります。

特にドメインを新設する場合は、Googleの評価が低いところからスタートするため、時間がかかります。

よくある勘違いとして、HPは作って終わりではありません。むしろ作ってからがスタートで、記事をコンスタントに追加していき、改良を加えていかなければいけません。

また資産化するための時間の目安として、実際に集客に結び付くのは、正しい対策を行ったという前提で、最低でも1年くらいはかかるのではないかと思います。

お金がかかる

HPで集客をするというと、多くの人が「無料で集客できる」と考えますが、肝心な視点が抜けています。それは「投資」が必要になるということです。

よくあるような数十万円のホームページを作っただけでは、ほとんど成果はでません。

たとえばSEOを理解していて、読ませる記事がかけるライターは、単価が非常に高く、1文字10円くらいは取ります。

例えば一般的な記事で多い2500文字だとしたら、一記事25,000円のコストがかかるということです。

SEOで成果を出すためには100記事あるといいと言われていますので、単純に考えれば2,500,000万円の初期投資が必要になります。

もちろん記事だけでなく、HPそのものの制作や、デザインや回遊性など、HPで成果をだすための要素は非常に多くあるので、かなりのコストがかかります。

これだけのコストを変えても、1年で結果が出るかどうかも分からないのが、サイトSEOの現状です。ただ長い時間軸で適切な投資を行えば、それなりの実入りをもたらしてくれます。

小手先のテクニックが通用しない

一昔前は、小手先のテクニックでもそれなりに結果が出していましたが、今は状況が全くことなります。

多くのSEO業者が提供しているサービスはほとんどが、この小手先のテクニックに分類されるもので、弊社でも活用したころもありますが、はっきり言って全く効果はありませんでした。

むしろ、こういった小手先のテクニックがGoogleにばれると、ペナルティーとして圏外に飛ばされてしまうなど、かなり大きなリスクを負います。

またコンテンツ記事を追加していくタイプのサービスもありますが、ほとんど意味がありません。

弊社でも過去に利用したことがありますが、とにかく記事の質が低すぎて、結局使用しませんでした。

このあたりの品質はかなり業者によって格差があります。あまりにも安すぎるものは、ほとんど効果がないと思ってください。

Googleのアップデート

ここ1~2年の間に、GoogleはSEOの基準を頻繁にアップデートしています。

特にYMYLと呼ばれるジャンルは特に厳しくなってきています。

※YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語で、Googleの検索品質評価ガイドライン内で「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」を指して使用されている用語です

実際、アフィリエイターといって、記事をバンバン書いて、SEOでアクセスを稼いで広告収入を得る職業があるのですが、これまで毎月1億近い売り上げがあったものが、このアップデートのおかげで急にゼロになったりすることが頻発しています。

なかにはプロのアフィリエイターとして食べていたけど、食べていけなくなったので、会社員に戻ったという人の話もよく聞きます。

実際弊社のHPも影響はうけていて、一度アクセスが半分くらいにまで落ちました。(時間が経った後、もとに戻りました)

こういった状況もあり、サイトSEOの難易度はかなり上がっています。

 

情報収集が文字から動画へ

このようにHPで集客できるようになるまでは、時間とコストがかかることがご理解していただけたと思います。

しかし、さらに最近でいえば、消費者の情報収集が徐々に文字から動画へシフトしてきています。その代表的なものが「Youtube」です。

動画が持つ情報量は、文字と比べて5000倍ともいわれています。多くの情報があふれ、時間がない現代人の情報収集ニーズを満たす媒体として非常に伸びているサービスです。

また2020年からサービスが開始される『5G』によって、この傾向がさらに加速すると思われます。

 

全世代に広がりつつあるYoutube

現在我が国で利用されているSNSの2位がYoutubeです。


(平成30年度 主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率(全年代・年代別)参照:総務省 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査)

現在、メッセージアプリ「LINE」に次いで多く利用されているのが、動画メディア「Youtube」です。

そして、この図で注目していただきたいのが、年代別のYoutubeの利用率です。若い年代が高いのは当然としても、60代でもおよそ4割の方が利用しています。

つまり、今「Youtube」は世代に関係なく、すべての世代に届くSNSなのです。

 

Yotubeはエンターテイメントだけではない

Youtubeと聞くと、エンターテイメント性の強い動画を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

たしかにエンターテイメント性もYoutubeの一つの側面なのですが、ビジネス系の動画もかなり閲覧されています

ビジネス系の動画は、弊社も含め、広告収入目的でなく、集客目的で利用されている動画のことです。

実際Youtubeの中でユーザーは、知りたいことを検索し、動画で情報を収集しています。

ビジネス系の動画は、広告収入目的ではないため、再生数やちゃんねる登録者数はそこまで気にする必要もありません。

ちゃんねる登録者数が100人くらいのサイトでも、集客はできます。実際動画は文字にくらべて71%も問い合わせ率が高くなるというデータも出ているくらいです。

結局のところビジネス系動画は、ターゲットが欲しがっている情報を提供できればいいのです。

 

Youtubeはまだまだブルーオーシャン

利用者が多く、全世代で利用されているYoutubeは、今後ますます伸びていくと予想されます。

最近では、そんなYoutubeで集客をする方が増えてきています。弊社もその一つです。

やっていて感じるのは、ホームページのSEO対策は歴史もある分、対策もされていてライバルも多いのですが、Youtubeはそれと比べるとまだまだブルーオーシャンです。

まだ歴史も比較的浅いため、正しいノウハウがあれば、他のライバルよりも圧倒的に優位なポジションにたてます。

ホームページの検索順位対策で上位を目指すためには、果てしなく時間がかかります。しかしYoutubeでは、弊社のノウハウを使えば、開設後間もないチャンネルでも、アップしたばかりの動画でも上位に表示されることができます

実際の順位表がこちらです。(『HOUSECLOUVERちゃんねる』というチャンネル名です)※2020年1月現在の結果です

この他のキーワードでも住宅系のものであれば、ほぼ上位に出てきます。

ちなみにこれらのキーワードは、ホームページの検索順位で1位、もしくは上位を取るのは、ほぼ無理と考えられるキーワードばかりです。広告で出せば1クリックで200円~500円くらいかかります。

実際「名古屋 中古マンション」というキーワードは、ホームページではSUUMOやHOMESなどのポータルサイトや大手財閥系の不動産会社などがひしめくビッグキーワードで、弊社でも20位前後が限界と感じているのですが、Youtubeではこの結果です。

また、検索結果を見てもらえれば分かるのですが、1ページに表示されている動画は一つではなく、何個も弊社のちゃんねるの動画が出てきます。

しかもこれらの動画の順位は、時間をかけて上位に上げていったのではなく、あげた瞬間にこの順位になっています

ちゃんねる登録者数はそこまで多くありませんが、それでもYoutubeから実際の集客につなげられています。

 

Youtubeをやるべき理由

それでは、今あなたのビジネスでYoutubeをすぐにでも取り入れるべきと考えられる理由を紹介します。

動画メディアですでにイニシアティブをとっている

動画メディアはYoutubeの他にも色々ありますが、はっきり言って動画メディアはYoutubeがダントツです。

インターネットの世界では利用者が増える人が増えるほど、その利便性からより人が増えるという法則がありますので、そんな一人勝ち状態のYoutubeに注力することは、費用対効果でも合理的な選択です。

またGoogleも公式に今後のトラフィックの9割は動画にするといっているほどです。

検索エンジンがある

実はこれが一番大きいと考えていて、他のSNSでは流れてくる情報をみる「ながら見」と呼ばれているもので、どちらかというと「受け身」の姿勢です。

それに対し「検索をする」という行為は、情報を探しているという「能動的」な行動になります。

もちろんYoutubeでも、関連動画やおすすめ動画など、「受け身」の方に対しても情報は流せます。

検索をするということは、その人が悩みを抱えていて解決策を知りたがっていたり、その悩みを解決してくれる人や会社を探していたりするということです。

つまり検索した人に情報が届くのは、成約に近い人たちに成約を届けているということになります。

ホームページの検索順位対策や広告は、成約に近い人たちに情報を届けられるからこそ、多くの企業がこぞって大金を投資しているのです。

Googleの検索結果にも出てくる

Googleで検索する方はご存じかもしれませんが、検索エンジンでキーワードを入力すると、Youtubeの動画が出てくることがあると思います。

YoutubeはGoogleの子会社であるからなのですが、文字での検索エンジンでも動画が表示されたりするなど、入り口が非常に多くなってきています。

資産化する

そして、ホームページと同じようにYoutubeのちゃんねるも育てば、ずっとあなたの会社にずっと集客をもたらしてくれる資産になります。

現段階であればホームページよりも比較的早く結果が出せるので、費用対効果もいいと考えられます。

ファン化した見込み客からの問い合わせが増える

ビジネスにおいて、ファン化というのは何よりも大切です。

ファン化したお客様は、価格競争に陥りません。なぜならあなたから買いたい、サービスを受けたいと思って問いあわせをしてくるからです。

またファン化しているという状態は、あなたやあなたのお店に対して好意的な感情を持った人ですので、ストレスがありません。

よくあるクレーマーや来てほしくないお客様(あなたやあなたのお店に合わない人)は逆に来ません。

またそんな状況であれば、従業員にとっても非常に働きやすい、やりがいを感じやすい環境なので、採用面や離職率の低下にも寄与します。

このようにファン化は商売を安定させるうえでも、非常に欠かせない要因なのですが、Youtubeではそれが可能になります。

あなたの動画が、勝手に見込み客を集めて、ファン化までしてくれるのです。これほど理にかなった資産が、Youtubeをやることによってあなたの手に入るのです。

ホームページが資産化していなくても相乗効果が得られる

商品やサービスにもよりますが、Youtubeだけで完結できることは少なく、補完的な媒体が必要になってきます。

実際にあなたも商品やサービスを探すときに、動画をみて「ここいいな」と思った時にどうしますか?

おそらく説明欄(動画の下)に記載しているリンクをたどってホームページを見に来たり、SNSに登録したりしませんか?

そういった意味でホームページがまだ資産化していなくても、最終的に問い合わせの動線としては必要になります。

弊社でも、動画の説明欄にホームページのリンクや、LINEの登録リンクを載せています。

ただホームページで集客できていなくても、ペラペラのホームページよりは、理念だったり会社やお店の雰囲気、スタッフのことがちゃんと掲載されていた方が問い合わせにはつながりやすいと思います。

 

Youtubeをやる上での注意点

いいこと尽くめのYoutubeですが、一応注意点はあります。

顔を出した方が成果はでる

よくYoutubeをやる上で、顔出しをした方がいいかどうか聞かれることが多いですが、結論からいえば「出した方がいい」です。

やはりファン化という意味で、顔出しは避けて通れないと思います。

もちろん従業員が出ることもできるのですが、辞めてしまうリスクもあるので、出来れば経営者や現場のマネージャーが出た方がいいです。

正しい方法でやらなければ成果はでない

これはどんなことにも言えることですが、Youtubeに関しても例外ではありません。正しい方法でやらなければ、いくら時間をかけても成果はでません

一から自分で始めて頑張ってやっても、ほとんど伸びません。お金はかかりませんが、時間の無駄になります。

外注しても撮影だけはしなければいけない

ホームページでは、基本ほどんどの作業を外注することができます。しかしYoutubeは動画コンテンツという特性上、撮影だけはしなければいけません

慣れてしまえば、大したことではないのですが、慣れるまではやはり少し馬力が要ります。また根気よく続けることも必要です。

このようにすべての作業が外注化できないのですが、特別なことではなく、普段の業務に組み込むことで続けていくことができます。

 

本気で集客をしたいのなら、今スグYoutubeを始めるべき

ここまで説明してきたように、Youtubeはホームページと同じように資産化すれば、半永久的に見込み客を連れてきてくれるという性質を持っています。

しかし2018年の終わりごろから、ビジネス系のYoutubeをやる人はかなり増えてきていて、ホームページの検索エンジン対策と比べて、まだ発展途上ではあるものの、競争は今後より一層激しくなります。

さらに2020年から始まる5Gが拡大するにつれて動画の閲覧数は確実に増えていきます。

あなたの商圏でライバル店が先に始めてしまえば、確実にライバルに見顧客が奪われます。実際そういうことが起こっています。

集客スイッチでは、自社の業務やクライアントの業務支援を通じて蓄積されたノウハウで、御社の集客のお手伝いをするのはもちろんのこと、マーケティングの観点で御社のビジネスモデルから一緒に考えていきます。

より詳しく、集客スイッチの内容が知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

集客スイッチについて

集客スイッチへの問い合わせ

以下の内容をご記入の上、お申し込みください。

本サービスは競合回避のため、エリアと業種が重複しないようにしています。お申し込み前にこちらをご参照ください。

御社名必須
ご担当者名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容必須
無料相談サービスについて価格について始め方についてその他
ご希望のサービスやご質問などあればご記入ください
個人情報保護方針必須
プライバシーポリシーに同意する

Copyright© 集客スイッチ , 2020 All Rights Reserved.