集客 Youtube

Youtubeちゃんねるを伸ばすための秘訣

youtube やり方

ここ最近、大きく伸びているなと感じているのが、Youtubeをはじめとした動画コンテンツです。

2020年には5Gも始まり、情報量の多い動画コンテンツはこれからもどんどん見られるようになっていきます。

動画は文字の情報量と比べ5000倍の情報量をもち、動画を見てCV(問い合わせや成約)につながる確率も71%高いというデータが出ています。

感度のいい企業や個人自営業者の方は、徐々にYoutubeで情報発信をはじめています。

Youtubeはちゃんねるのパワーが強くなれば、ホームページと同じように「資産化」する媒体なので、早く始めるほど有利なポジションになれます

あなたも試しに、自社のエリアや業種などで検索してみてください。結構いろんな人が出てくると思います。

実際に少しずつでも始めているという方もいらっしゃるかもしれません。素晴らしいことだと思います。

ただ、実際やってみると分かると思うのですが、そんなすぐに結果が出るわけもなく、やっていてもなかなか効果が上がらなかったり。

そこでこの記事では、Youtubeのちゃんねる運営に必要な考え方をお伝えしていきます。

これからYoutubeに取り組む人、すでに取り組んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

動画撮影で気を付けるポイント

まず動画を撮影するにあたって特別な機材が必要になることはありません。スマホ一つで十分です。

ただiphoneだとスピーカーが弱かったりするので、別途ピンマイクなどを活用して録音するといいと思います。

ビジネス系のYoutubeにおいて重要なのは、「画質」より「音」です。

たとえば色んな動画を見ている人があなたの動画にたどりついて再生したことろ、今まで見てきた動画と比べて明らかに音が小さかった場合、どうしますか?

これって音量を上げたり下げたりしなければいけないので、ストレスだったりします。私だったらそんな動画が出てきたら、よほど気になるテーマでない限り飛ばします。

Youtubeのちゃんねる運営において、アップしている動画がすぐに飛ばされてしまうということは致命的です。

時間当たりの情報量を意識する

動画コンテンツで重要なのは、時間当たりの情報量です。つまり、短い時間で情報量が詰まっていた方が評価されます。

この辺は、テレビとは全然違っていて、変にもったいぶったり、ひっぱたりするのはタブーです。すぐに他の動画に行ってしまいます。

ビジネス系Youtubeで大切になってくるのは、テンポです。そして、そのテンポはなるべく速い方がいいです。つまりなるべく早口でしゃべった方がいいということです。

Youtubeでは動画の速度を変えたりすることもできますが、なるべくユーザーの手を使わせない方がいいです。

編集もこのあたりを意識してするようにすると上手くいくと思います。

アップするペースは多ければ多いほどいい

動画をアップするペースはそれぞれだと思いますが、Youtubeで結果を出すためには、基本的には毎日がベストです。少なくとも週3日。週1日だとかなり時間がかかってしまいます。

Youtubeは活発なちゃんねるを関連動画などに露出する傾向があるので、やればやるほど雪だるま式で大きくなります。

なかなか時間的にもハードかもしれませんが、続けるコツは業務として組み込んでしまうこと。

動画を取るなんていうと特別なことに感じられてしまうかもしれませんが、仕事のうちの一つとして位置付けてしまえば続けられると思います。

習うより慣れろ そして継続する

最後にお伝えしたいのは、これですね。弊社のクライアントでも分かれてきます。

とにかく実行して、最初は下手でもどんどんうまくなっていくタイプと、色んな言い訳をつけてなかなか動き出さないタイプ。

どっちが結果がでるかは一目瞭然ですよね。数カ月たった時には、とんでもなく差が付きます。

そして継続することはさらなる力になります。続けられる人は本当に強いです。

ビジネスは素早く実行して、改善を重ね、それを継続している人が最後には勝つと思います。

インターネットが発達したおかげで、資本力の大企業でなくても、やり方によっては十分に勝てる時代になりました。

ぜひこの流れにのって、あなたのビジネスを大きく躍進させましょう。

Youtubeをすでに運営されている方で、なかなか集客に結びつかない方は、『Youtubeちゃんねる無料診断』をご利用ください。

詳しくはコチラ

-集客, Youtube

Copyright© 集客スイッチ , 2021 All Rights Reserved.